イオン導入式脂肪溶解による痩身

1952年に痩身方法の一つとして、フランス人のミシュエル・ピストール医師によって、脂肪溶解注射(メソセラピー)が開発されました。
脂肪溶解注射は今までの痩身方法や脂肪吸引などに比べて、比較的安く身体への負担が少ないため、注目されている痩身法です。

しかし、実際のところ何箇所も針を刺すためとても痛みがあり、外見としては内出血が1週間程残ってしまいます。
また、週に2〜3回を目安に2ヶ月程と、通院する頻度も多いのです。
それにクリニックごとに施術の行い方や使用する薬液も違うため、最初の問題として何処のクリニックを選べば良いのかが分からなかったり、施術を行って効果が出ないことがあるのも事実です。
 
そして、「イオン導入式脂肪溶解」がこういった問題を解決する為に生まれたのです。
「脂肪吸引」や「脂肪溶解注射」などが、これまでの部分痩せに利用されてきたのですが、実際のところ、体にメスを入れたり、針を刺して薬液を入れたりするということは、体にとって大きな負担になるのも事実です。
 
エステなどで高い金額を払ってまで施術を受けていた人が多いのは、外科的な方法が怖い、痛いかも、という思いの方が強いため、踏み込めなかった理由ではないかと思います。
しかしこの「イオン導入式脂肪溶解」は、ジェルを塗って、イオン導入を行うだけですので、痛みを感じることがありません。
従来と違い、副作用もなく、体に傷をつけることもないので、外見での心配もありません。

今までに脂肪溶解注射を実際に体験したことのある患者さんは、イオン導入式脂肪溶解を体験してみると、かならずといっていいほどこちらにシフトしてきます。
その理由が、「まず金額が高いこと、「脂肪溶解注射は、とても痛くて、あざがひどく、しこりになる。そんな辛い思いをしてまで我慢したのに・・・実際のところ効果がない。
イオン導入式脂肪溶解にトライしてみると、痛みはなく、とても楽で料金も安く済む。

それに気持ち良いし、効果も脂肪溶解注射より出る。これだと脂肪溶解注射を行う必要はない。」
このように感想を皆さん言われています。
イオン導入式脂肪溶解はこれからの主流になると思います。
それでもまだ、痛みに耐え我慢しなければいけない脂肪溶解注射や、高い金額を払わなくてはいけないエステでの痩身を選びますか?


| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。