痩身のための食事制限

確実に痩せるためには、食べるのを我慢しなければいけない、
ダイエットといえば『食事制限』と思っている人は多数いると思います。
確かに、食べ物を摂取しなければ痩せます。
でもそれは、本当に正しい痩身方法なのでしょうか?
食事をする』=『体をつくること』
皆さんもご存知の通り、栄養を無視した食事制限や間違った痩身方法は、
健康を損ない、リバウンドを起こす最大の原因といえます。
たとえ一時的に体重が減ったとしても、単に食事を減らすだけのダイエットでは、
落ちたのは体脂肪ではなく筋肉であり、反対に太りやすい体質になってしまいます。
ダイエットをやめれば元に戻ってしまい、それ以上に前より太ってしまう『リバウンド』も、このために起こるのです。

 食事をするのは人として自然なこと、必要なことなのです。
食事を我慢するということは、大きなストレスの原因になるのです。
ひどくなると、脳にある食欲中枢がおかしくなってしまうんです。
食欲中枢と、空腹満腹の信号を出す所です。

食欲中枢が狂ってくると正常な食欲コントロールできなくなり、
結果として過食症拒食症などの摂食障害を引き起こしてしまうのです。
無理な食事制限ダイエットをすると、大きなストレスになり、その反動で過食になってしまい、
食べても食べても満足しないという状態になってしまうわけです。

また、食事の時間だからと、お腹がすいていないのに食事をとる、なんてことありませんか?
これも一見体にいいと思われがちですが、食欲中枢が狂う原因になります。
お腹がすいてなかったら食べない、それがそのときの体にっとて、一番自然な事なのです。
あと、夕食制限するダイエット法もよく見られるのですが、これはとても危険です。
栄養面自律神経の働きに悪い影響を及ぼしますし、
大きなストレスになるのでメンタル面から脳(食欲中枢)のマヒにもつながってしまいます。
 
夕食をおろそかにするなんて、実はとんでもないことだったりします。
栄養面本能の充足からいっても、夕食はとても大事ですから、
十分満足するように食べることは美容身体にとって、一番いいことなんです。
その前提の上でダイエットをしないと、歪みが生じます。
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。