痩身のための食事制限

確実に痩せるためには、食べるのを我慢しなければいけない、
ダイエットといえば『食事制限』と思っている人は多数いると思います。
確かに、食べ物を摂取しなければ痩せます。
でもそれは、本当に正しい痩身方法なのでしょうか?
食事をする』=『体をつくること』
皆さんもご存知の通り、栄養を無視した食事制限や間違った痩身方法は、
健康を損ない、リバウンドを起こす最大の原因といえます。
たとえ一時的に体重が減ったとしても、単に食事を減らすだけのダイエットでは、
落ちたのは体脂肪ではなく筋肉であり、反対に太りやすい体質になってしまいます。
ダイエットをやめれば元に戻ってしまい、それ以上に前より太ってしまう『リバウンド』も、このために起こるのです。

 食事をするのは人として自然なこと、必要なことなのです。
食事を我慢するということは、大きなストレスの原因になるのです。
ひどくなると、脳にある食欲中枢がおかしくなってしまうんです。
食欲中枢と、空腹満腹の信号を出す所です。

食欲中枢が狂ってくると正常な食欲コントロールできなくなり、
結果として過食症拒食症などの摂食障害を引き起こしてしまうのです。
無理な食事制限ダイエットをすると、大きなストレスになり、その反動で過食になってしまい、
食べても食べても満足しないという状態になってしまうわけです。

また、食事の時間だからと、お腹がすいていないのに食事をとる、なんてことありませんか?
これも一見体にいいと思われがちですが、食欲中枢が狂う原因になります。
お腹がすいてなかったら食べない、それがそのときの体にっとて、一番自然な事なのです。
あと、夕食制限するダイエット法もよく見られるのですが、これはとても危険です。
栄養面自律神経の働きに悪い影響を及ぼしますし、
大きなストレスになるのでメンタル面から脳(食欲中枢)のマヒにもつながってしまいます。
 
夕食をおろそかにするなんて、実はとんでもないことだったりします。
栄養面本能の充足からいっても、夕食はとても大事ですから、
十分満足するように食べることは美容身体にとって、一番いいことなんです。
その前提の上でダイエットをしないと、歪みが生じます。
| 日記

痩身のための無理な運動

運動をすれば痩せる!といったように思われていると思いますが、実際運動で痩せるのはそんなに楽な事ではありません。
例えば自転車を30分間こいでも、たった「ご飯一杯分程度」の消費カロリーにしかならないのです。
簡単にいえば、フルマラソンを1〜2回走るぐらいの運動量が、たった1キロの体脂肪を落とすのに必要な、運動量というわけです。
その事実を知ってしまったら、一生懸命エアロバイクをする人も、いなくなってしまうかもしれませんけど…。
運動を日ごろからしていない人達にとって、運動痩身を成功させようとすることはかなり難しいことなのです。
スポーツ選手のように、日々体を動かす生活をしている人が、どれくらいいますか?
また、このような運動を毎日続けられる習慣があれば、まったく痩身への苦労はないのです。

 運動後に体重を量ってみて、「あ!体重が減ってる!」という方は多いと思いますが、実は体脂肪が落ちたわけではなく、水分が減っているだけです。
サウナももちろん一緒です。
肥満を克服、改善するには、体脂肪を減らすことに意味があるのです。
運動だけで痩せるのは、定期的な運動を持続しない限り厳しいでしょう。
かといって、運動はしたほうが健康にいいし、何もしなければカロリー消費をする機会もほとんどなくなるので、運動はしたほうがいいです。
そうして運動を続けていくと、自然と代謝が良くなるので、結果カロリー消費量も増えるということ事になります。
運動をして筋力アップさせることで、カロリー消費量を増やすことができるので、自転車こぎ(エアロバイク)やエアロビクスダンスなどの有酸素運動と、筋力トレーニングの両方を行うと、カロリー消費量が増やすことが出来るので、有効的な痩身ができます。
 ただがむしゃらに運動するだけでは、体に負担をかけるだけなので、正しい痩身のためにも上手に運動する必要があります。
単純に、運動だけで痩身をこなそうと考えても、長期的な持続と時間が必要になります。
どうすれば上手な痩身になるのか?ということで頭を悩ませている方も多くいらっしゃると思います。
 そこで、イオン導入式脂肪溶解というものをご存知でしょうか?
無理な運動も必要なく、リバウンドを心配しなくていいので、多くの方が利用しています。
注射といっても針を使用するわけではないので、安心して行えます。
ダイエット食品エステに、多額の金額や時間を費やすのであれば、この痩身方法を試してみるのもいいと思います。
| 日記

あなたにあった痩身方法とは?

なぜ、人は太るのか?

太る原因は、使うエネルギーが年齢を重ねるとともに減っていくことに対し、食べることで摂取するエネルギーが上回るため。
また、運動で効果的にエネルギー燃焼することが出来ず、それによって消費することのできなかったカロリーが、脂肪細胞に吸収され、そのひとつひとつが巨大化してしまうことで、結果肥満へつながるのだといわれています。
そして、半径が2倍になると体積は約8倍にもなるとも言わるほど、吸収された脂肪はどんどん膨らんでいってしまうのです。

 痩身ダイエット効果を謳(うた)う、多くの商品やエステサロンスポーツジムなどでのプログラムの目的は、体内で大きくなってしまった脂肪燃やし脂肪細胞を小さくすることなのです。
それを理解しておいてください。
つまり、脂肪細胞自体を排出、燃焼、分解させることで小さくさせ、結果痩せさせる、痩身させるということを目的としています。
ということは、元の食生活生活習慣に戻れば、やはりリバウンドのおそれがあります。
なぜかというと、あくまでも脂肪細胞自体を小さくさせただけなのですから。
 やはり自分の食生活生活習慣を変えるということは、時間や立場、金銭的な制約などの中で生活している私たちにとって、ほぼ困難です。
仕事柄動くことのない環境にいたり、飲食店で働いてる人もいるわけで、その時点でやはり問題点がでてくるのではないでしょうか。
だからといってあきらめることはせず、あなたの生活スタイルに合った痩身の手段というものを、一度見つめ直すいい機会だと思います。
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。